流れを知り給与計算のアウトソーシング導入をスムーズに

なぜ外に頼むのか意義をまず知ろう

給与に関する事等、社外の専門家にアウトソーシングを依頼出来る業務を代行してもらい、限られた人材をもっと有効に使いたいと考える企業が増え続けています。そのような理由以外にも、最近は様々な企業からの依頼を受けている、経験豊富な給与計算サービスを提供してくれる所が増えているという要因もあるようです。そうした所は様々な業種や業態からの依頼を受けている事も多く、ある程度のイレギュラーにも対応出来る能力があるというメリットもあります。極力サービス料金を明確に示している所も多くなって、コスト面での不安が軽減されているという最近の流れも、利用してみようという気持ちにさせているようです。色々な要因が重なり合い、導入を決断する企業の増加という時流を作り出しています。

まずはしっかりと話し合う所から

給与計算アウトソーシング導入の流れの最初にして最大のポイントが、両者の詳細な部分までの話し合いです。話し合う重点的ポイントは現在車内で行っている計算方法と、どの業務に特に時間がかかっているか、そしてどこまでをアウトソーシングで行ってもらいたいかという希望です。この3つを詰めていく事が、業務の最適化のために欠かせません。どういったプランが適しているかは専門家側にゆだねるという方法もありますし、もちろん依頼側が決めていたものをそのまま実行しても良いでしょう。いずれにせよ、両者の連携を密にするというのが成功の秘訣です。両社の密な連携は、業務のフローチャートや運用に関するスケジュール決めの際に非常に重要になり、成功か否かを左右するポイントにもなります。

一定のテスト期間を経て本運用へ進む

それらが決まれば、テスト運用期間に移行していきます。社内での給与計算業務とアウトソーシングを並行して行いながら、どこが足りていないか、両者の意思疎通に問題は無いか等を見極めていきましょう。この時点で忘れないで欲しいのが、相手方がどのような方法で業務を進めているかという確認です。単に給与計算業務を行ってもらい提出してもらうだけでは、自社に無いノウハウを得る機会を逃してしまいます。自社の財産に出来そうな点は、貪欲に吸収していく意味でもこうした依頼をする意義があるのです。そうした自社の改善点等を確認し、両者の連携に問題が無ければ晴れて正式な依頼を行います。導入までの流れは一般的に3ヶ月程度かかりますので、その間に出来る事は全て行いましょう。

記事を共有する